アノマリーフルスイング
季節株(アノマリー)銘柄をスイングトレードし、その結果について考察するブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイングトレードの手法

株式投資において、一口にスイングトレードをするといっても
手法がたくさんあります。


1.いわゆる仕立株を買い込み、株価が天井を着ける前に
  売り抜ける。
  さらに天井を着けた銘柄をドテンし、カラ売りすることで
  利ザヤを得る


2.ある季節(アノマリー)、時期になると何故かよくわからないけど
  株価が大きく上昇し、また下がっていく銘柄を
  数か月単位でスイングする。


3.数日ベースである価格帯を行ったり来たりし、
  それ以上高くなるわけでもなく、下がることもない銘柄を
  繰り返し売買する。
  
→ 某大手掲示板では「ワロス曲線」とか呼ばれていたことも
  あります。



1について、ある銘柄が突発的に株価が上昇し、ある局面で
株価が下がるものを取り扱うことになります。
例えば、ガンホー(3765)なんかはその最たる例になるかと思います。

この手の銘柄はデータなど前触れもなく突然に起こるもので、
株価が上昇して気づいたころには絶好の買い時期を逃しているケースが
多々あるので、この手法はあまり使いません。
(私もたくさん見逃してます)


2について、値上がりする時期を個別銘柄毎にチャート検証し、
その時期になる手前で、一気に仕掛け、数か月単位でスイングする方法になります。

3については2と同じ方法になりますが、時間のスケールが
数か月ではなく、数日になりますので、2~3日の短期トレードなんかで
使える方法だと思います。


結論として、2及び3の取引手法を使ってスイングしていきます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://anomalyfullswing.blog.fc2.com/tb.php/2-df29cf72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。